薬用ちゅらトゥースホワイトニングに副作用はある?気を付けることは?

皆さんは歯や口臭の悩みを抱えていませんか?
また、朝起きたときの口の中の粘着きなども気になるところです。

そこで活躍してくれるのが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。
この商品、普通の歯磨き粉とは違います!
チューブタイプの歯磨き粉では研磨剤が必要以上に歯を擦り、傷つけてしまいます。
それにより、傷ついた部分から歯が変色したり菌が入っていったりしてしまうようです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングはそういった歯磨き粉のデメリットを解消しつつ、悩みをも解消してくれる救世主なんです!

さて、そんな薬用ちゅらトゥースホワイトニングですが、気になるのは副作用ですよね。
副作用はどんな商品を使用するにしても真っ先に気にするポイントかと思います。
ましてや、口内に使用するものであればなおさらです。

成分については別の記事でも改めてご紹介させていただきますが、副作用といえばやはり成分から分析しますよね!

薬用ちゅらトゥースホワイトニングに配合されている成分は主にポリアスパラギン酸、ビタミンC+リンゴ酸、GTOというものになります。

GTOといえば漫画かドラマしか思いつかなかった私ですが、この成分はなかなか優秀な成分のようです。

ポリアスパラギン酸をまずは調べてみたところ、副作用の報告は挙がっていないようで、発見することができませんでした。
ポリアスパラギン酸にはNaと語尾に付く成分もあり、そちらの成分は化粧品などの保湿成分として配合されることが多いようです。
ポリアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、歯などにはとてもいい成分です。
飲み込みさえしなければ恐らく問題のない成分です。

ビタミンC+リンゴ酸は、見るからに大丈夫そうな成分ですよね(笑)
りんごのアレルギーをお持ちの方はもしかすると反応が出るかもしれませんが、基本的には問題のない成分です。

GTOですが、こちらはお初にお目にかかる方も多いかと思いますが、決して怪しい成分ではありません。
ウーロン茶抽出物とホップエキスからできている成分で、実は日頃からなじみのある成分なんです。
ウーロン茶とホップとなると、普段から口にしているものですので、副作用の心配は全くないといっても過言ではありません。

とまぁ、このように安全な成分ばかりが配合されている薬用ちゅらトゥースホワイトニングですので、副作用の心配はまずなさそうですね。

ただ、購入するにあたって、どこで購入したらいいのか?という点や口コミではどのような評価を受けているのか?といった点も気になるかと思いますので、これからそれらに関してもご紹介していきたいと思います!

薬用ちゅらトゥースホワイトニングのすごさをもっと知りたい!という方は、ぜひ私の記事を参考にしてみてください。
ちなみに、私は以前勤めていた会社の社長の口臭が気になってしまって、ついに言ってしまい、こちらを勧めました。
なかなか、普通に歯磨きをする感じなのでいいと喜んでくれましたが、今思うとかなりの度胸でしたね。

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトの公式サイトはこちら