口臭も一緒に予防してお口美人に!

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、歯のホワイトニングをしてくれる!というのが商品の推しポイントですが、実は口臭にもいいのは知っていましたか?

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの成分をご紹介する際に、口臭にもいい成分が配合されていることに軽く触れましたが、口臭が実際に改善された方もいらっしゃるようです。

公式サイトにも、そういった口コミが掲載されていますよね!

さて、薬用ちゅらトゥースホワイトニングで口臭を防げるのはなぜなのでしょうか?

前回の記事でもご紹介させていただきましたが、大きくはシメン-5-オールが関係しています。
このシメン-5-オールという成分が口の中の雑菌を減少させて、口臭を予防してくれるのです。

では、なぜ雑菌が多いと口臭が出てしまうのでしょうか?
口の中にいる嫌気性菌という種類の細菌が、たんぱく質やアミノ酸を分解し、揮発性硫黄化合物という物質を作ります。
これが口臭の原因となるわけです。

この物質が出来てしまう原因は舌の汚れにあります。
舌の磨きすぎも駄目なのですが、適度な舌のお掃除はしなくてはいけないんです。
舌の上に溜まった食べかすや、新陳代謝で剥がれ落ちた粘膜上皮は口臭の原因になるので、適度なお掃除をすれば、すでになってしまっている口臭を抑えるくらいはできるかも知れません。

ただし、この舌のお掃除、方法にコツがあるため、失敗するとかえって菌が繁殖しやすくなります。

以下の手順で行うとベストです。
・鏡を見て舌を思いきり前に突き出し、舌の後方に汚れが溜まっていないかを確認する。
・ブラシを鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に優しく引く。
この時、息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射が出にくくなる。
・舌ブラシの先を水道水でよく洗い、舌ブラシの先に汚れがついてこなくなるまで、上記を繰り返す。
一日の舌掃除の目安は起床時のみ。
それ以上行うと舌の粘膜を傷つけてしまう場合があります。

これを行えば口臭の予防はできるかもしれません。

でも、こんなに神経を使いながら舌を掃除するってかえってリスクが大きい気がしますよね?
そこで登場するのが薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングなら、口臭の原因を打破する成分が配合されているので、舌に変な気を遣わずにケアをすることが出来ます。

口内炎などが出来る原因も口の中の衛生的な面が問題になっていることがありますので、歯磨きはしっかりと行うようにしましょうね!

また、舌の汚れで口臭が発生するというお話をしましたが、口の中が乾燥しても口臭は発生しやすくなります。
体調不良や免疫力の低下なども口臭の原因となるため、実は身体の状態と歯や口内は切っても切り離せない関係なんですね。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングでのメンテナンスも大切ですが、まずは自分の体調管理もしっかりと行うなどして、自分なりに出来る改善策も実施してみるといいかもしれませんね!

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトの公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。